アクセスカウンタ

<<  2008年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


恐ろしい勢いで春夏秋冬。

2008/03/26 00:52
画像
桜が咲いたらしいよ、と聞いて、
へぇ〜…、と、大して大きく取り上げておりませんでしたが、
もぅ、普通にあったりまえじゃん!と言わんばかりに桜咲きまくってますね!(鬱)

こうやって、ボケボケしている内に水田に水が張り、蛙が大合唱をしたかと思えば苗が植わり、あっちゅう間にすくすく育って稲となり、刈り取られて籾殻の山から煙が上がり、気づけば空気も冷え込み切って紅白を観る訳ですよ。(どーん)

悲観しすぎか?

ぃゃ、でも「稲作」の様子をナメてはならない。
アレを毎日目にしてしまうと、おっそろしく一年があっちゅう間に過ぎ去って行きますからね

水が入ったら覚悟しろ。
田植えが始まったらあきらめろ!(あきらめるんかいι)

実家から通っていた頃は、毎日田んぼ道を通って駅まで車を飛ばしていましたからね(笑)
歳を取る体感速度も3割増しでしたが、

今年の桜も…
愛でる前に散ってしまいそうな予感…(悲)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


熾鬼の戯言<過去ログ>

2008/03/25 02:42
◇三日前に、家族が増えました!
 …と言っても、ハムスターですけど!(笑)(05月23日)

◇29日からの旅行の行き先は、未踏の地、島根・広島です。
 国内もまだまだステキどころが満載ですよね♪(04月28日)

◇眠れない夜中に「大腸祭り」執筆中…(笑)
 近日、禁断の公開…予定…ι(04月26日)

◇気付けばツバメが飛び交い、藤の花が咲き…
 北海道では真夏日だとか。怖っ!(04月22日)

◇久々の更新は、トラブルの連続でした…。
 ホント、いい加減こういうの勘弁して欲しいです…。(04月21日)

◇実は先日、キーボードに水をぶっ掛けてしまったのですが、無事でした。
 強い子で助かった…。(03月27日)

◇クロネコヤマトのサービスが凄いです。かゆい所に手が届きまくりです。
 こういう企業努力を、政府はもっと見習わなければなりませんよ。(03月25日)

◇今年も桜が咲きましたね。桜が咲くと、昨年の悲劇を思い出します(笑)
 今年こそは、健康で桜を楽しみたいものです。(03月24日)

◇前の職場でお世話になったSさんがご結婚されたとの事。おめでとうございます☆
 周囲はすっかり春ですなぁ…。(03月22日)

◇所持金がヤバくて、思わず預金を下ろそうかと思った所、今日が祝日だと気付く。
 下ろす前に気付いた自分を褒めてあげたい!(03月20日)

◇ポテトチップスを食べたい衝動を堪えました。堪えて、サラダを買いました。
 自分で自分を褒めてあげたい!(03月19日)

◇今日、今年初めての沈丁花の香りに気づきました。
 すっかり季節は春なんですねぇ…(03月15日)

◇最近、へこむ事が起きても、割と立ち直りが早いです。
 我ながら図々しく強くなったなぁ…。(03月11日)

◇最近、ビタミンが足りていないのか、肌とか酷いです。
 ビタミンも知恵も脳も何もかも、足りないものだらけだなぁι(03月10日)

◇今年こそは花粉に負けないぞ!と、鼻の穴を完全武装しております。
 鉄壁の穴。なんか、ちょっとヤな響き…。(03月08日)

◇自分で自分のページを開いたら、カウンターが「555」でした。
 自分でキリ番を踏む気まずさ。KYな感じもGO!GO!GO!(03月07日)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そして、その身を蝕んだ症状とは。

2008/03/23 01:54
正直、前後の詳細は覚えていない。(のっけからダメ発言。)

とにかく、屍のていでなんとか帰宅したその日は、夜も遅かった事もあり、そのまま寝たのだと思います。
というか、寝るしかなかった。寝るなと言われても無理だった。
立っている事すらままならないのなら、寝るしかないだろうよ、ええ。

だって、その時の体温は、小学生の時に出して以来の「42度」。
死ぬよ。平熱が35度2分の自分としては、ありえんくらいの高熱ですよ。

こうして、数少ない脳細胞をまたダメにして行くのか…
これ以上バカになったら凄いぞ。
ひょっとしたら紙一重でナニカの壁を超えて天才になれるかも知れん!

…などと、クダラナイ妄想にうなされながら迎えた翌日。
とりあえず病院へ行く。(至って普通の行動。)

ちょうどインフルエンザが流行っていた時期というコトもあり、病院は昼間っから大盛況。
待たされ待たされ待たされ、やっとこさ診察の順番が巡り、診察室へ。
こう言うのもナンですが、たいそう怪しいお医者さんでした。
何やら気持ち悪い喋り方で、「本当かよ」と突っ込みを入れたくなる問診に見解。
急な発熱、急速な症状の悪化、高い体温。

これらの症状から、そのドクター曰く、「典型的なインフルエンザですね。」との事。

そうか、インフルエンザか…。
というコトで、とりあえず検査をすることに。
待つことしばし。
結果。インフルエンザ陰性。(どーん)

違うじゃんかよ!自信たっぷりに言い切ったけど、インフルエンザじゃなかったじゃん!!

ひとまず安心したものの、じゃぁ一体何なんだ?という疑問は残るのですが、ここはひとまず「ただの風邪」という事に落ち着いて、解熱剤と抗生物質だかを処方してもらって、その日は帰って養生する事に。

職場に電話を入れ、「インフルエンザではなかったみたいです。とりあえず今日は休ませて頂きますんで、また明日連絡します。」と伝え、了解を得る。

病院から帰宅途中、家に食料が何も無い、というコトで、途中弁当を購入して食べる。
至って普通。
至って普通の病人ライフ。
ただの風邪ってすばらしい。
ちょっと熱があって苦しいだけで、仕事も休めればタダ飯も食らえる。(最低)

しかし、そんな夢の様な病人ライフにうつつを抜かしていられたのは、発病してからたった24時間にも満たない束の間の事でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中休みの、タイムリー「融合」ネタ。

2008/03/21 01:49
今日は「融合的日記」です。。。

本日、以前世話になっていた劇団の舞台を見に行きました。
あいにくの雨模様の中、自らの舞台稽古を中座して、いざ観劇へ。
稽古って言っても、どうせ自主稽古だったから、別に中座も何もなかったんですけどね。

それでも、時間ギリギリまで粘ってから稽古場を後にした結果、
開演の19時ギリギリの到着。

何がいけなかったんだ?
電車代か?

電車代をケチって、ところどころ歩いたのがいけなかったのか?

で、約2時間の観劇終了。

この舞台の演出家にして、昨年私を「あの悲劇」に陥れた張本人である「フクロウ先生(仮名)」に、一応挨拶をしておく。
「どうも、ご無沙汰しております。」
的な、いわゆる社交辞令を、ね(笑)

それで、この「フクロウ」が、私の今回の舞台を見に来てくれると言うことになっているんですよ。
なので、当然、今日も一応その事にも触れて来まして、
「舞台、観に行くからな!」というので、
「あ、どうもありがとうございます。恐縮です」
的な、いわゆる社交辞令を交わす訳ですよ(苦笑)

「どうだ?新しい劇団は?」などと訊いて来るので、
「そうですね、今までやってきた事と正反対で、色々悩みましたよ」
などと、こっちは根がクソ真面目なんで、クソ真面目に答えていたらですね、

「じゃあな、最終日に観に行くからな!」
という捨て台詞を吐いて、さっさと帰って行かれました。(終〜了〜。)

話なんて、ハナから聞いちゃいねぇ。
無駄に丁寧に返答をしていたワタクシの、このむなしさは一体どこへぶつければ?

そうだよ、こういう人だったよ。
二人で引いた貧乏くじを、結局一人で背負う羽目になって、体を壊してまで尽くしまくった1年前のワタクシに対しても、「フクロウ」の態度は酷く軽率なものだった。

ゴディバのチョコレートごときで、私が許すと思ったか!(でも、食った。)

そして、1年経って、「部外者」となった今でさえ、この態度だ。
そんなんで、私の舞台を観に行くと恩着せがましくも言い残して去っていった「フクロウ」。

それで「罪滅ぼし」をしたつもりかぁぁぁぁぁぁああ!!!
(ぃゃ、単に「サンプル」として、他劇団の舞台を観に行きたいだけなんでしょうけどねι)

許さんぞ。断じて許さんぞ!
忘れてあげても良かったけど、今日のあの態度で、そんな恩赦はごっそり取り消しだこんちくしょう!(何様ー!?)

なので、普通、こうして「目上の人」が観劇に訪れて下さる際、チケット代は戴かず、「ご招待」扱いにするものなんですが、
しっかりがっつり1人前頂戴致します。(どーん)

いいもーん。
KYって言われてもいいもーん。(最低)

こりゃ、出世できないわι

(「感謝」は、していますよ。一応、念の為に書いておきますケド。。)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


目論みと現実は必ずしも一致しない…。

2008/03/20 02:39
今日も、少し「融合」から離れまして…(離れてばっかじゃん!)

えー、そもそも、カッツカツでどうしょうもない状態が見込まれる3月であった為、
普段からロクに更新も出来ていない「表」及び「裏」ブログを一体化して、
更新のクオリティーを上げようではないか!という、自己満足かつ自己救済の最低処置でもあった「融合計画」だったんですがね、

フタを開けてみれば、そこまでカッツカツでは無かった筈の3月以前より、むしろ頻繁に「表」も「裏」も更新してるじゃねぇかよ!!

…という、最低な事態に陥っております…(ちーん)

まぁ、でも、コレは良いことなんです、きっと。(開き直る最低さ。)

それで、気付けばもう既に3月も半ば過ぎ…。
花粉の猛威にくじけそうです。
こんな鼻、要らない!と、本気でもぎ取ってしまいたくなる今日この頃。
3日前、自宅アパートで今年初めての「蚊」を殺生しました。
暖かくなると、何がマズイって、虫が活動を開始する事ですよね…。
今年も「ビッグ・ゴッキーズ」と戦わなくてはならないのでしょう。
えぇ、確実に奴らと全面的に戦う羽目に陥るのでしょう。
(鬱)

F1ももう開幕しましたしねぇ。
例年通り、夜中に放映すると思って、夜更かしして待ってたのにさぁ、
待てど暮らせど放映しなかったよね、フジテレビさん。
きっと、健全なお時間に開幕戦を放映したんだよね、フジテレビさん。
テレ番が無い環境のワタクシが悪いんだろうケドさぁ、
待ちに待ったF1開幕戦の結果を、
ニュースのスポーツコーナーでダイジェストより簡潔に結果を知らされてしまったむなしさ。(ちーん)

嬉しくて 悲しくって 言葉に〜 できなぁい〜♪(悲)

さてさて。明日は「春分の日」というコトで、世間はホリディですが、

全くもって関係無いので、せいぜい空いている電車に感謝する事にします☆
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


その結果、我が身に起きた障害とは。

2008/03/16 02:53
症状は、典型的な「インフルエンザ」でした。

先述の通り、公演及び稽古に於けるストレスと同時に、職場に於いてもストレスを溜め込んでいた自分。
そのイライラはピークに達し、遂に「辞職」も視野に入れ責任者に話をつけるべく、仕事終わりに時間を頂く約束を前々から交わし、まさにソレが実行される日でもあった、「その日」。

いつもの様に、自分にとっては稽古の段階ですら全く出番の無い「欠席者続出の稽古」に、演出助手として欠席者の代役をやりーの、ダメ出しをメモりーの、と、時間ギリギリまで「ご奉仕」をした後、駅までの道程を大荷物を抱えて猛ダッシュで走り、駅前で無料配布していたヴィダルサスーンの試供品はしっかりと入手し、電車に滑り込んだのでした。

その時、若干の「関節のムズムズ感」は、感じていたのですが…。
まさか、アレがあんな恐ろしい事態に発展しようとは…。

職場に滑り込みで到着し、責任者と顔を合わせ、「今日の仕事終わりだよね、話」「あ、そうです。宜しくお願いします」などと約束の確認をした後、ナゼか「元気?」と訊かれ、「なんか、節々がおかしいんですよねー」と答えた私。

「風邪じゃない?」
「風邪ですかねぇ?」

そう。症状は、至って「風邪」だった。
あの節々の痛みは、熱が上がり始めた時に感じるアレと全く同じだったから。

「あんまり無理しないで、辛かったら言いなよ」

この日に限って、ナゼだか優しかった責任者(笑)

「今の所大丈夫ですけど、もしヤバくなったら言います」

時刻、午後5時を回った頃のこと。
殆どそんな気など無しに、軽く言い放った私。

しかし

時刻18時、症状の悪化は著しく、節々は完全にヤラれ、ただひたすらシンドイだけの状態に。
「節々が痛いって事は、熱があるんじゃない?今日はヒマだったら早くあがっていいよ。」
などと責任者と世間話をしている最中も症状は悪化する一方だったが、
「とりあえず9時まではやりますよ。」と答えた私。
38度の熱でもフルタイムで働いた事がある。コレくらい、想定の範囲内だ、などと思ってたこの時の愚かなる自分。

そして時刻19時。
もう、直立二足歩行をしてるだけでいっぱいいっぱいの状態に

それでも、リタイア宣言をせず(無駄に)踏ん張っていた所に、
「どうっ?節々の痛みはっ?」
と、責任者の一声が。
全く心配している風ではなく、ちょっと言ってみただけ〜ってノリのものでしたが、
相変わらず、ナゼだかこの日に限って妙に優しいバージョンの責任者(苦笑)

「立ってるだけで、精一杯です。」(きっぱり)

すかさず答えざるを得なかった私。(限界だったんだもの。)

さすがに、たちまち心配の表情に変わる責任者。

「今日はいいから、とりあえず帰ったら?」

「そうですね、そうさせて貰っても良いですかね…」

「話は、また今度聞くから」

そうだったー!一大決心して話をつける筈だったんじゃーん!!

己のタイミングの悪さにつくづくうんざりしながら、ナゼだか優しい責任者(強調しすぎι)の勧めで、賄いだけ戴いて帰る事に。(食ったんかい!)

新宿駅から、とりあえず実家に電話を入れる。
オカンに事情を話すと、「とりあえず帰って来い」との事で話がつく。

この時は、まだ歩けたし、まだまともに会話も出来た。
電車にも、シンドイとはいえ、まぁ、普通に乗れたし。
しかし、殺人的に混む急行は避けて、恐ろしく時間はかかるものの、確実に座れる各駅に乗って帰る事にし、新宿を出発してから、間もなく。

遂に、ただ座っているだけの行為がまるで拷問、というまでに症状は悪化。(どーん)

聞いた事がある、これが噂に聞く「インフルエンザ」だな!
急激に症状が悪化して、ひたすら苦しい風邪…間違い無くインフルエンザだ!!

今だから言える事だが、この時の私は完全にインフルエンザだと決め付け、インフルエンザに濡れ衣を着せまくった。
インフルエンザに謝れ。インフルエンザは悪くない!オマエを蝕んだのは、インフルエンザウイルスではない!!!(いいから落ち着け!)

屍の形相でオカンが待つ地元駅に到着した22時過ぎ。
やっとのことで這いつくばるのが精一杯の私に、今後更なる試練が待ち構えているとは、この時はまだ知る由もなかった…。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


花だって、褒められてより綺麗に咲くっていうじゃない。

2008/03/12 01:34
今日は「融合」から少し離れまして、日記的な事を…。

今日は、3月11日(火)でしたが、すっかり月曜日だと思っていました。
もう、完全に曜日感覚が麻痺しております。

褒められて育っていない自分は、自分に対して自信を持って行動することがどうも難しいのです。
「もっと自信を持って!」と今更言われても、コレが他人が思う以上に非常に難しいのです。
幼少時代、「天才」に近かった私ですが、出る杭は打たれまくって、フラットよりも下に下に下に食い込んだ結果、もう今更テンションも気分も自信も何も無いわけなんですね。

全否定の人生なんて、そうそう受ける仕打ちでもないと思いますけど。
何をしても否定される、褒められるべき所で怒られる、人より優れている事が許されない、打たれまくって帰って来ても、守ってくれるべき人が大して守ってくれない。下手したら、一緒になって打って来る。(最悪)

そんなんでしたからね、今日までのほほんと生きているのがちょっと不思議なんですけどね(笑)
実際、何度か危なかった事はあったのですが、生まれつきのバカさと面倒臭さで、何となく乗り切ってしまったんですね!(バカ万歳☆)

一番危険な所を乗り切ってしまったらもぅ、バカが幅を利かせちゃってこの有様ですよ☆

いやぁ、こんな腐った世界で長生きなんてするモンじゃない、と思っておりましたがね、
何だかんだ、もう30年近く生きちゃってます☆

しかし、このままヤラレっぱなしの人生も癪なんで、ちみっとずつ仕返しをしてやりたいと思います。(悪)
そう、今年は、「あつかましく生きる年間・2008」なんです!!(なんだそりゃι)

もぅ、濡れ衣なんて被らないんだぞ!代わりに貧乏くじだって引いてやるもんか!
ガツン!と行ってやるんだぞ!良識と常識の範疇で大いに突き進んでやるんだ!

…と、目標はいつも気高く輝かしい(哀)
先ずは職場と稽古場からだ。
敵を欺くには、まず身内からだ。(ナニカがチガウ。)

敵以前に、先ずは内なる敵・己と戦わねばな!
何やら前向きな方向に向いてきたぞ!
よーし!この勢いで無駄にアゲアゲだ☆
(既にガス欠の心配がよぎっている、というコトは内緒だ☆)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そして、その身に降りかかった、「不遇」とは。

2008/03/11 01:48
一年の集大成、修了公演。
別にプロの役者って訳でもありませんから、
やる気のある生徒には、それなりの評価を、
そうでない生徒にも、それなりの評価を。

…それが、私の思う考える「修了公演」だったのですが…。

此処での修了公演とは、
「真面目な生徒が総ての貧乏くじを引く」というものだったのです。

滅多に授業にも稽古にも顔を出さない生徒が、ナゼが出ずっぱりの重要な役。
そして、日々掃除も稽古も発表会も真面目にこなした生徒が、出番瞬殺の汚れ役。(&超面倒な「管理職」がセット。)

オカシイだろー!明らかに納得行かんだろーーー!!!

ヒガミ、に聞こえがちですが、いぃや、一切そんな事は無い。(断言)
役者としての実力だったり、力量だったりなんて、どんぐりの背比べですもの。
50歩100歩ですもの。
目くそ、耳クソを笑う、ですもの!!(なんかチガウι)

そして、私と共に貧乏くじを引いた、私以上に優等生だったSちゃんは、この解せない状況を不服とし、チラシが刷り上った後での降板を実行。

かくして、唯一の戦友を失い、ひとり遺された私は、出番が無い不服感と、自分も生徒でありながら他の生徒の出欠などを把握したりする管理職としての押し付けられた面倒と、演出助手としてのストレスと、甘ったれて稽古に参加しない問題児のケア&指導と、毎日の仕事と、そもそもこんな扱いをしやがった責任者(演出家)への不信感、などなど…

…のストレスが、知らず知らずの間に溜まりに溜まりまくって、ついに、あの出来事が起きてしまうのであった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サッカーだってそりゃ開幕もしますさ、3月だもの。

2008/03/09 00:57
まぁ、今日は「融合」とは離れまして…。

いよいよ春ですねぇ。
花粉も飛んでますけど、サッカーも始まったんですね。
職場で、「勢い勇んで買ったTOTOが、さっそくただのゴミになった!!」と、嘆いておりましたからね(笑)

TOTO。アレは、贔屓にしているチームがあると、ダメですね。
以前購入した事がありますが、鹿島アントラーズが好きな自分は、
どんなに条件が悪くて、どんなに勝てそうにない試合でも、
絶対にアントラーズ勝ち! で、購入してしまいますもんね。(で、やっぱりハズレる。)

そういや、もうすぐF1も開幕ですよ。
いやー、早い ヤバイなぁ!(痛)

怒涛の詰め込み月間である3月。
明日も朝っぱらから始まる怒涛のスケジュールですが、
準備も何もせず、せっせと駄文を作成する この無駄な現実逃避っぷり!!

負けるな自分。前を見ろ、そして受け入れろ、現実を。(いいから早く寝ろ!)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そこに、何の障害が生じたのか。

2008/03/08 01:21
何だか、自分で勝手に企画して、勝手に曝している「乱心の過去」ですが、
言ってみればちっともおもしろくないですね!(どーん)
いゃしかしつまらん。オマエの過去のアホ話と愚痴にはガッカリだ!(コキおろし)

でもまぁ、一度投げちゃったサイだから、一応落とし前はつけましょうι
ヤクザか!!(一人突っ込み)

〜前回のつづき?〜

私が労働している間、「彼ら」は稽古もしただろう。しかし、
彼らは焼肉だ〜飲みだ〜ゲーセンだ〜の贅沢もしていた

別にいいよ、贅沢したって。肉でも酒でも呑めばいいさ。
でもね、

月収0円の人間が、家賃8万円の都内一等地に住み、授業料も親持ち、焼肉代も呑み代もゲーセン代もイケてる服代も流行のバッグ代もデート代も何もかも全部親持ち。
でもって、掃除当番の日はサボる。遅刻はする。無断欠席もする。
理由は、二日酔い。20代前半の若人が取る行動か!?オマエはくたびれ切ったサラリーマンか!!

ちなみに、こう見えて熾鬼は、無駄に真面目な生徒でした。(本当です。)
掃除もサボらず、授業にもせっせと参加しました。
当時実家住まいだったので、毎朝、冬なんて真っ暗な内から家を出て、車と電車を乗り継いで片道2時間半の道程を、満員電車に押しつぶされながら家出同然の大荷物でせっせと通ったものですよ。
都内一等地に住む、稽古場までチャリで通える無職二日酔いヤングとは、置かれている境遇が違った訳ですよ。

そして、迎えた一年の学びの集大成を発表する場である「修了公演」で、この劇団生活に於ける最大の分岐点とぶち当たるのだった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


乱心は、どの様に継続されたのか。

2008/03/07 01:55
3ヶ月という期間限定で終了した、「熾鬼乱心・大阪秋の陣」の後、
帰郷した私は、早速関西の師匠・Kさんの訓えに基づいて、新たなる劇団を探索。

「芝居の基本は、「間」やで。その「間」を学ぶには日本舞踊や。日舞のカリキュラムが組まれている劇団に入りぃ。それが一番やで。」(Kさん談。)

その訓えを守り、次なる劇団に飛び込む熾鬼。決して若くない熾鬼。
つぅか、けっこういい歳の熾鬼。

入団オーディションは一応有ったものの、アレはきっと、余程の事が無い限り、誰でも受かるオーディションであったので、指示通り、試験日に試験を受け、そのまますんなりと入団。

そこでは、日舞を学んだ。ダンスを学んだ。殺陣を学んだ。色々学んだ。
しかし、どれもこれも小出しでチミっとずつだったのが、実に残念であった。(ちーん)
もっと時間とお金が有れば、それらを更にマスターする手立てはいくらでもあった。
しかし、私にはお金が無いので、収入を得る為には必然的に時間も無くなった。

それは自分の問題である。仕方が無い。
しかし、私の中に渦巻いた問題は、別件であった。

その劇団に通う研究生は、その殆どが、親のお財布で一切の出費をまかない、自分はバイトすらせずに悠々自適な東京ライフを送る地方出身者の巣窟であったのだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そもそも、乱心の発端は何だったのか。

2008/03/06 02:10
自ら病める世界に身を投ず…と、前回言いましたが、
本来、楽しかったからこの世界に足を突っ込んだ筈なんですね。
残念ながら私はマゾではないので、最初から身も心も苦しい環境になんて魅力を感じませんからね。
自他共に認める「ドS」ですからね。実は。
ドSらしいですよ。血湧き肉踊る変態ドSです。(しかし、ヘタレ)。

話が逸れましたι

最初に人生を踏み外して向かった大阪で上がった初舞台。
「こんな○○みたいな会社で無能な○○上司の尻拭いなんて○○みたいな仕事してられっかよ!そもそも○○みたいな給料しか出ないのに昼食も摂れずに働き詰めた上に残業代も出ないなんて、コレを○○と呼ばずになんと呼ぶんだ○○がぁぁぁぁぁぁああ!!!!」

…という無駄に熱い衝動の元、何かがブチ切れたワタクシは、そのままの勢いで退職、それまで、ずっと何となくやってみたかった「芝居」の世界に足を踏み入れたのでした。←(ナゼそうなる?ι)

初舞台でエキストラ出演で、3箇所でセリフを頂いて出演させて頂いたその舞台は、いきなり3都市・計20ステ(20回公演)を超えるロングランの舞台。(しかも、いきなりチケット代4500円の舞台。)

脚は痣だらけ、無理な姿勢を強いられる役柄故、腿の筋肉はパンパン、貯金を切り崩しての生活に、現地で登録した派遣バイトの給料など小遣い程度にしかならず、勿論出演のギャラなど発生しないので、履いていたGパンが見る見るうちにゆるくなり、自分でも惚れ惚れする程のスレンダーボディに変身。
更に、土地勘は無い、知り合いは居ない、その上、関東人として(受け入れて貰えるまでの間)徹底的に敵対視され、もぅ、心も体もお財布も、完膚無きまでの満身創痍

でも、大阪は結局最後はあたたかかった。
芝居というものも、結局最後は楽しかった。
全く身寄りのない関西で、色々な人と出会い、そしてお世話になった。
それらのご恩に恥じぬよう、ここはいっそ、この踏み外した人生を全うしようではないか!

…という、思えば(無駄に)熱い鬱陶しい想いから始まった乱心だったのです。


ちなみに、上の「こんな○○な会社〜」の○○に入る言葉は総て同じです。
好きな言葉を当てはめて罵ってみて下さい♪(悪趣味)
模範解答は、皆さん、毎朝スッキリ出たらいいよね!という、大腸系のアレです。
我ながら最低な発言ですねー。(自覚は有っても反省ナシ)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明るみになる、愚かなる生活。

2008/03/06 01:13
集中稽古、とは何事か。
もぅ、そのまんまです。「集中的に行う稽古」です。

では、一体、何の「稽古」なのか。

「春」、「稽古」、「極貧」、「アホ」、「下北沢」、「ガチンコ4日間」。

…などのキーワードを挙げた上で浮かび上がる事柄は…

ハイ。ワタクシ、芝居の世界に足を突っ込んでおります。(ちーん)

えー……

普通、10代から芝居をやってきた人が、「俺もそろそろいい歳だし…」という理由で足を洗うモンですが、
ワタクシの場合、もぅとっくにいい歳こいてから、正社員で勤めていた会社を辞め、発作の如く単身大阪に乗り込み勢いで初舞台に上がり、帰郷後も乱心は治まらず現在に至るという見事なヤクザっぷり!!

もぅ、誰にも止められません救えません。

芝居の世界に足を突っ込んでる方なんて、星の数程に存在していると思いますけどね、
自ら望んで極貧になり、更に恥をかく為に人前に上がる、なんて、
余程の大物か、アホのすることです

まぁ、私は後者ですけどね。(断言)

好きでやってる事なんだろうに、毎日の集中稽古が鬱陶しくて仕方がありません
更に、毎日の集中稽古に伴い、唯一の収入源である職場での立場が日々危うくなります
仕事もせなあかん、しかし、稽古にも出なあかん、の狭間で、「つぅか、本番まで1ヶ月切ってから稽古に入るなんてバカじゃねぇの?」などと暴言を吐く始末。(最悪。)

と、いう訳で、好きでやってる事なんだろうに、毎日の集中稽古が鬱陶しくて仕方がありません。(振り出しに戻る。)

なんて罰当たりで幸福な人生を送っているのでしょう。
自ら進んで病める世界に身を投じるなんて、全く持って、アホで平和で暇人です☆
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


小出しにね、小出しに、ね。

2008/03/05 01:58
…と、まぁ、結構些細な事でブログが炎上したりするご時世らしいのですが、
何がキッカケで火がつくんですかね。やっぱり、それなりのキワドイ発言をしたからなんでしょうかね?

ある意味「キワドイ」発言が多々発せられているこのブログですがι
まだまだ、アホに寛大な世界で有って欲しいと願う、アホ人間の一人です。

そんな、アホてんこ盛りのワタクシですが、いよいよ恐怖の3月に突入です。
恐怖以外の何者でもありません。3月なんて来なければいい、3月なんて不潔よ!3月なんて好きになってなんてあげないんだからね…っ!(ナゼが最後がツンデレ。)

いゃ、別に3月は不潔ではありませんがι個人的にそう嫌悪する事情が発生しているのです。
3月。良いですよ。春めき始めて、きらきら清々しい、素敵な季節ですよ。

花粉は飛びますがね。
キャリア14年を誇るワタクシともなれば、もぅ、花粉の1粒や2粒じゃビビリませんよ!
(ぃゃ、そんな小粒じゃ誰だってびびらんだろι)
職人の世界だって、10年修行すれば一人前です。
そう。ならば私はもう、一人前の立派な花粉症患者です!!(どーん!)

しかし…今回憂いているのは、黄色い小さな刺客の飛来、では無いのです。
以前、去年の秋にも、似たような事が有りました。
記憶にもまだ新しい、人生初の37時間耐久活動…。

そう。アレは、バーゲンで言う所の、「プレ・セール」。

となれば、そう。いよいよ、バーゲンで言う所の「在庫一掃大バーゲン」が来たのであります。

無休でぶっ通したあの秋の「プレ・セール」の如き、一切のプライベートの事情の入り込む隙を与えない今回の「在庫一掃大バーゲン」。

その集大成は、4月の上旬に下北沢で成就するであろう4日間のガチンコ勝負。

恐怖の集中稽古、いよいよ開始です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


期間限定ブログ表裏一体化実施にあたって。

2008/03/05 01:23
なにやら仰々しいタイトルの割りに、内容はやっぱりくだらねぇ、の一言に限ります。(断言)。
そもそも、裏も表もちっとも運営し切れて居ない者が何を言っても、「寝言」なんですが、
まず、そもそも「表」と「裏」とは、何だったのかを考えてみました。

「表」…gooの方に設置させて頂いておりますが、こちらは、言ってみれば、熾鬼の、そのまんまの、「一社会人として、この世界に生きている、表向きの個人」としての生活なり考えなりを挙げて行こう、というコンセプト(だったらしいです。自分も知らなかった。最悪だ。)
一言で表すなら、「ヨソ行きブログ」。

「裏」…このブログですが、一応社会に溶け込んで、普通に暮らしているらしい熾鬼という人間の、内側に渦巻く欲望なり妄想なりを軸にして、本性であるバカ丸出しで突っ走る、というコンセプト(まぁまぁ実行されている気がします…。アホですから。どっから切っても、アホしか出てきませんから。)
一言で表すなら、「丸出しブログ」。

…と、いう事なんですが、そもそも作文がおっそろしく遅い上に、カツッカツの生活が相まって、全くもってコンセプトの使い分けはおろか、UPすら出来て無いじゃん!!という現状を憂い、今回、
ブログ表裏一体化キャンペーンを実施する運びとなりました。(おーパチパチ☆)

表裏一体化…つまりそれは、
現実と妄想の融合
公とプライベートの融合!

リアルで生きる「しき」と、ドリームで生きる「熾鬼」の融合!!!


…大々的に言い切った割には、大したことないですね☆
ナゼ、熾鬼はこんなに貧乏なのか、ナゼ、熾鬼はこんなにアホなのか、
そのへんの謎がバレていく事でしょう。

そして、天の声はこう言いました。

「誰も別にそんな事に興味ねぇよ」

重々承知の上での愚行でございます♪(つける薬ナシ)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2008年3月のブログ記事  >> 

トップへ

暖簾に風。 2008年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる