暖簾に風。

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都旅行記<壱>出発〜伏見

<<   作成日時 : 2007/09/29 01:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハイ。気合と根性でダラダラ上げていく予定(ぅゎぁ…)の「京都旅行記2007」。
読者様の迷惑も顧みず、ダラダラとスタートです。(最低…)

2007年09月22日(土)晴れ。
安い旅行の為、選べる新幹線の時間帯も微妙。
最寄り駅から11時27分発の電車に乗り、R氏との待ち合わせ場所であるJR町田駅を目指す。
朝に弱い「俺ら」も、さすがに昼出発の新幹線を乗り過ごす程アホではありませんでしたι(どんな心配だι)

駅で無事に落ち合い、新幹線の発着駅である「新横浜」に向かう「俺ら」。
その第一声。
私 「いやぁ、晴れたね。」
R  「晴れたね、暑いね、奇跡だね!」

…普通、「楽しみだね!」とか言うのだろうが、「俺ら」に「晴れた」は「奇跡」なのだ。

次の一言。
R  「あのさー、プランとか全く何も考えてないんだけど。」
私 「大丈夫!こっちも全くのノープランだ!」

…何が大丈夫なんだ、自分!
しかし、相手は大物R氏。こんなボケ回答にもへこたれない。

R  「そっかー、じゃあ、新幹線の中で考えればいいね!」

素晴らしい程のプラス思考。ネガティブな私に持って来いの相手です。

しかし、ステキな「俺ら」は、新幹線の中で一切の策を練らず京都に到着!!(やっぱりね)

私 「着いたね〜京都!」
R  「結局何にも考えなかったね、プラン!」
私 「まぁ、とりあえず、何とかなるっしょ、日本国内だし!」
R  「そーだね、とりあえず宿行って荷物置いて来るか!!」

…素晴らしい程のポジティブ思考です。
地下鉄の初乗り料金の高さに先制パンチを喰らいつつ、迷子になる事なく
伏見にある宿泊ホテルに到着。
ちなみに、京都滞在中お世話になった「アーバンホテル京都」、とても親切で素敵なホテルでした。
京都にお出掛けの際には、是非、宿泊候補に挙げて頂きたいホテルです。

チェックインを済ませ、部屋へ向かう「俺ら」。
この旅行は、何かが起こると思っていた、「俺ら」。(ていうか、私。)

(ちなみに今回、ツインが取れず、シングルに宿泊する為、部屋は別々。「どんだけ仲悪いんだ、俺ら!」と、プランも練らず、新幹線の中でネタにして笑っていた…アホだ。)

それぞれの部屋に到着、開錠に挑む「俺ら」。
…開かない。
いきなり、部屋の鍵に入室を阻まれる「俺ら」。
「開いた?」
「いや…開かない…。」
部屋の前で、ガチャガチャと音を立てながら、鍵に弄ばれる「俺ら」。

おいぉぃ、いきなり前途多難かよ!!

…と、私の方が先に開いた!
ふははははは!鍵穴め、その弱点、見破ったりぃぃ!!(ぃゃ、ふつう、開くから…)

勝ち誇って振り向くと、隣室のR氏、フリーズ状態。
どうしたR氏!私が先に鍵を攻略したのがそんなにショックだったか!

R 「…びくともしなくなった。」

…は?

どうやら、鍵を開けようとアレコレやっている内に、ロックが内側で空回りして、どうにもこうにも行かなくなってしまったらしい。(ちーん)

私 「どれ、貸してみ。」

なるほど、本当にうんともすんとも、びくともしない

到着早々、いきなりフロントに電話して助けを呼ぶ羽目に陥る「俺ら」。(ごーん)
なかなか来ないホテルマンに、若干苛つくR氏。

落ち着けR!悪いのは俺らだ!

数分後、助けに訪れたホテルのお姉さんは、フリーズの原因と、開錠方法を丁寧にレクチャーしてくれました。(ホントすんませんでしたι)

ドアも開いた!荷物も置いた!さあ、早速出掛けようではないか!
…という事で、「近いから」という理由で、いざ「伏見稲荷大社」へ。

全くのノーマークだったこの神社、とっっても私好みの素敵な神社でございました!

という事で、次回、「伏見稲荷大社」(写真つき)でお送りします☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都旅行記<壱>出発〜伏見 暖簾に風。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる